会社概要

社長挨拶

お客様が欲されている部品の供給に尽力してまいります。

上原社長私どもは昭和55年の創業以来、国内大手企業をはじめとした御得意先様各社のご愛顧の下で様々な金属加工のノウハウを修得し、平成17年には奈良工場を開設して門型五軸加工機と大型真空炉を設備して、加工と熱処理を開始するなど自社技術力の向上を図ってまいりました。

それと並行して、協力会社様各社のお力添えも頂いてお客様のあらゆるニーズに対応できる体制を整え、様々な素材を様々な形状に加工してご提供してまいりました。

その結果、現在お取引いただいている御得意先様は200社を超え、その数は増え続けています。これはお客様の様々なニーズにお応えしてきた結果であり、納めた製品の出来に満足していただいているからこそと考えています。
一方、世界中のあらゆる地域を巻き込んだグローバル化が進む中で、これまでのように国内経済もしくは国内コンペティターだけを見据えて経済活動を行うことは最早不可能となっています。

この激動の時代の中、今後、私どもに必要とされるのは韓国や中国、インド、ベトナムといったアジア諸国とどのように共存していくか、また、その為にどのような企業形態をとっていくかといったことになるでしょう。

私どもでは一つの取り組みとして、平成20年にベトナム現地において採用活動を実施、その結果、平成21年4月よりベトナム人研修生2名を雇用しています。これは近い将来、当社がベトナムに工場を開設した際の中心人物を今から育成していく為です。

当社は規模の大きな企業ではありませんが、蓄積してきました独自のノウハウと協力会社様各社との連携を活かしつつ、且つ時代に応じた企業形態に変革しながら、お客様が欲されている部品の供給に尽力してまいります。